誰でも発症する可能性を持っている

>

定期的に運動する習慣を身に付けよう

この記事をシェアする

運動するとカロリーを消費できる

唐揚げや天ぷらはおいしいので、大好物という人も多いと思います。
しかし揚げ物はカロリーが高く脂質も多いので、食べ過ぎると脂肪が身体に蓄積されます。
生活習慣病の予防をしている人は、食べたくてもガマンしているのでは無いでしょうか。
確かに脂肪が溜まらないよう控えるのは良いですが、ガマンしすぎると別の病気になったり、ガマンできなくなって暴飲暴食に繋がります。

食べたいと思ったら、無視せず食べてください。
たくさん食べたあとは、運動すれば良いだけです。
身体を動かして汗を流すことで、脂肪を燃やせます。
するとカロリーが高い物を食べても、身体に悪影響を与えることがありません。
好きなものを食べられるよう、積極的に運動しましょう。

少しずつ運動すれば良い

これまでに運動をしていなかった人が、いきなりジョギングを始めても途中で諦めてしまいます。
最初は、ウォーキングなど身体に与えられる負担が少ない運動から初めてください。
またサイクリングは体に与える負担が少ないですが、消費カロリーが多いと言われています。
天気が良い日は自転車に乗って、サイクリングをしましょう。

運動する時間がない人は、簡単にできる運動を続けてください。
エレベーターに乗らない、駅やバス停まで歩くという週間でも、十分な運動になります。
わざわざ運動する時間を確保しなくても大丈夫なので、生活の中で
たくさん歩くチャンスを見つけてください。
仕事の休憩時間に、その場でスクワットをするのも運動になります。